応用哲学会について

応用哲学会は哲学と他の学問分野にまたがる学際的研究、現代社会の諸課題に深く関わる研究を中心にすえつつ、それらの研究活動を支える現代哲学の基礎的な研究をも包摂する、広義の応用哲学の確立と発展を目指す学会です。

なお、現在の役員は以下のとおりです(事務局長以外の任期は2018年5月31日まで)。

会長:出口康夫
事務局長:大庭弘継(任期:2019年5月31日まで)
理事(五十音順):井頭昌彦、伊勢田哲治、稲岡大志、江口聡、奥田太郎、笠木雅史、神崎宣次、児玉聡、小山虎、佐金武、杉本俊介、鈴木生郎、鈴木貴之、出口康夫、戸田山和久、直江清隆、眞嶋俊造、村上祐子、森岡正博、山田圭一

監事:蔵田伸雄、鈴木真

第五期編集委員会(任期:2016年12月31日から2018年5月31日)
神崎宣次(編集委員長)、小山虎(副編集委員長)、網谷祐一、唐沢かおり、川口由起子、柏端達也、寺田俊郎、藤川直也、佐野勝彦、山本圭一郎

学会住所

〒606-8501
京都市左京区吉田本町
京都大学大学院文学研究科
出口康夫研究室気付
応用哲学会事務局

各種規程・規約