応用哲学会第七回年次研究大会 

開催案内

日時:2015年4月25日(土)および26日(日)

場所:東北大学川内北キャンパス講義棟C棟

アクセス情報:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/index.html

キャンパスマップ:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/areaa.html (A04の建物)

【大会シンポジウム】復興にどう向き合うか

開催日時:4月25日(土)16:00-18:00

会場:東北大学川内北キャンパス川北合同研究棟 講義棟C棟C200

登壇者(敬称略):

松田毅(神戸大学)「被災の時間 復興の時間―課題としての阪神淡路大震災と東日本大震災」

清水晶子(東京大学)「距離の操作と越境の拒絶」

金田諦應(カフェデモンク主宰 自殺防止ネットワーク「風」)「心の救済と希望」

(司会:直江清隆)

参加申込について 今大会に参加を検討されている方は参加登録フォームよりご登録ください。

大会前日の4月24日(金)13:00-17:50にかけてサテライト研究会「論数哲2015」を開催します。

お知らせ

2015年4月14日 シンポジウムの発表タイトルが決定しました。

2015年4月13日 サテライト研究会「論数哲2015」の会場について注意事項を記載しました。

  同        25日(土)A会場発表S01(9時55分開始)Andrew Oberg氏による"Epicurus Was Right(Sort of): Thinking About Death"は諸般の事情によりキャンセルとなりました。

2015年4月6日 サテライト研究会「論数哲2015」のプログラムと発表要旨をすべて公開しました。

2015年4月2日 サテライト研究会「論数哲2015」のプログラムと発表要旨の一部を公開しました。

2015年4月1日  予稿集の誤りを修正しました。

2015年3月30日 開催案内や研究発表の要旨を含む第7回大会予稿集を公開しました。参加の手引きとしてもご活用下さい。

2015年3月29日 4月25日(土)11:20-12:10 長時間発表一般発表L07の司会者が変更となりました。大会タイムテーブルに変更を反映しました。

2015年3月24日 応用哲学会第七回年次研究大会サテライト研究会「論数哲2015」開催のおしらせをアップしました。

2015年3月15日 大会タイムテーブルに司会者名を追記しました。

2015年3月1日  実行委員会より大会開催案内をお知らせしました。懇親会費早期申込割引(4/3まで)や、現地の空室状況を鑑みた宿泊申込みなどの情報を掲載しています。

2015年2月26日 大会の会場表記の誤りを修正しました。正しい会場は「東北大学川内北キャンパス講義棟C棟」です。 

2015年2月26日 大会タイムテーブルを公開しました。

2015年1月14日 発表募集要項の誤字を訂正いたしました。

2014年10月21日 発表募集要項をアップロードしました。 〆切は2015年1月15日です。


The Seventh Annual Meeting of Japan Association for Contemporary and Applied Philosophy (JACAP), Year 2015

When Saturday, April 25, 2015 to Sunday, April 26, 2015

Where Tohoku University, Kawauchi Campus, 27-1, Kawauchi, Aoba-ku,

Sendai, Miyagi, 980-8576 JAPAN

http://www.tohoku.ac.jp/en/about/map_direction.html

[Announcements]

2/26/2015 The time table was uploaded.

10/21/2014 You can download the English version of the Call For

Presentation from the link below. The deadline is January 15, 2015.