応用哲学会第8回年次研究大会サテライト研究会「論数哲2016」 

この度、応用哲学会第8回年次研究大会サテライト研究会「論数哲2016」を、下記の要領で開催する運びとなりました。

皆様のご参加をお待ちしています。

日時:5月6日(金)13:00-17:50

場所:お茶の水女子大学理学部3号館2F会議室 http://www.ocha.ac.jp/help/campusmap_l.html

 (アクセス情報: http://www.ocha.ac.jp/help/accessmap.html

【講演者】

小山田圭一(東京工業大学)

大森仁(京都大学)

山森真衣子(京都大学)

福田陽介(京都大学)

* 終了後には懇親会を予定しています。

【プログラムと発表要旨】

小山田圭一 13:00-14:00(質疑応答:14:00-14:30 )

タイトル:TBA

大森仁 14:40-15:40(質疑応答:15:40-16:10 )

タイトル:TBA

山森真衣子 16:20-16:50(質疑応答:16:50-17:20 )

タイトル:「語り得ぬもの」のパラドクス

「語り得ぬもの」という語は古今東西を問わず様々な思想で立ち現れてきた概念である。しかし広く知られているように、この概念は矛盾を惹起する。というのも、「xは語り得ぬものである」と言ったとき、xは当の「語り得ぬものである」という語によって事実語られてしまうため、「xは語り得ぬものである、かつ、語り得ぬものではない」が導かれてしまうからだ。このパラドクスを解消して「 語り得ぬもの」を無矛盾に使用しようとしてきた人々もあったが、彼らの試みは失敗に終わっている。その理由として、一つには、彼らはこのパラドクスがなぜ生じるのかということに、すなわちパラドクスのメカニズムにあまり注目してこなかったことが挙げられよう。本発表は、このパラドクスのメカニズムにフォーカスを当てるものである。

福田陽介 17:30-18:00 (質疑応答:18:00-18:30)

タイトル:Lambda Calculus for Classical Logic and Bilateralism in Proof-Theoretic Semantics

The Curry-Howard isomorphism is a notion which expressesthe correspondence between mathematical proofs and computer programs. It is also known as "propositions-as-types" or "proofs-as-programs": propositions corresponds to types (which are restrictions for programs as Russell used for his theory in order to overcome the Russell's paradox); proofs corresponds to programs since some kind of programming language can be seen as realizability interpretation models of constructive logic. Thanks to the isomorphism, we can clarify what notions are common, and what notions essentially belong in part of logic or part of computation. In this talk, two parts will be given. Firstly, I will introduce a well-known isomorphism, which was originally found by Griffin, between a lambda calculus (a programming language) and a classical natural deduction. Secondly, I will discuss similarities and dissimilarities between such calculi for classical logic and bilateralism in proof-theoretic semantics.