応用哲学会サマースクール2015企画公募

公募結果/ 日本語公募要領/ Call for summer school proposal in English


応用哲学会サマースクール2015企画公募の結果について

上記公募には計4件の応募があり、理事会での審議の結果、以下の二企画を採用することとなりました。

複数企画が採用されたことに伴い、理事会として、「ロボット社会のゆくえ」企画には2015年度開催、「ファッション批評の最前線」企画には2016年度開催を、それぞれ依頼することとなりました。

したがいまして、企画の辞退がない限り、2015年度にはサマースクール企画の公募は行なわず、次回公募は、2017年度開催企画に関して、2016年度に行なうことととなりました。あわせてお知らせいたします。

今回、積極的に応募頂いた会員の方々には、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

応用哲学会会長

出口康夫


応用哲学会サマースクール2015年度企画公募のお知らせ

応用哲学会ではこのたび新しい試みとして、サマースクールの企画を広く会員の方々から公募することとしました。

これはという企画をお持ちの会員の方はふるってご応募ください。

【公募要項】

企画のイメージ

以下のような企画をおよせください。

開催時期

2015年6月〜2016年3月のあいだのいつか(8〜9月ごろの企画を歓迎します。時期によって名称がウィンタースクール等にかわる場合があります。)

開催補助

学会側からは10万円を上限としたサマースクール補助金を支出します。補助金の

用途として想定しているのは

・講師謝金

・会場費

・宣伝費

等です。他の資金との併用も歓迎します。

また、参加受付等の業務は学会事務局側で行いますが、講師との折衝・連絡、会場の確保、参加者の宿泊先の目処立て、

エクスカージョン等を行う場合はその企画・準備・運営、およびサマースクールの企画・準備・運営は企画者側でお願いします。

応募方法

応募する際には以下の情報を送ってください。

(1) 企画タイトル

(2) 企画代表者

氏名、所属、連絡先メールアドレス

(企画代表者は必ず会員であること)

(3) 企画概要 (2000〜4000字程度)

具体的なスケジュールも応募時点で決まっている範囲で記載してください。

(4) 講師予定者

所属、専門、会員・非会員の別、内諾の有無などの情報をつけてください。

(5) 開催予定時期・場所

遠隔地等の場合、会場への交通手段や聴講者の宿泊先の目処についてもご記入ください。

(6) 予算

開催補助金を利用するか否か、利用する場合の使途について応募時点での見積もりを記載してください。

応募〆切

2014年12月25日17:00

応募方法

応用哲学会事務局(contemporary.applied.phil@gmail.com)までメールで上記の情報をお送りください。

採否の通知

いただいた企画については1月末ごろまでに理事会において審査し、採否を決定いたします。また複数の企画が採用される場合、2016年度以降へ時期を繰り下げた実施をお願いする場合もあります。


Call for Proposals of the JACAP Summer School, year 2015

JACAP has decided to start calling for proposals of summer school from our members. We welcome any proposal matching with the following guideline.

[Submission Information]

Submit a proposal addressing:

Season

Any time from July 2015 to March 2016. (Welcome a proposal in August or September. The proposal may be called ‘winter school’ depending on the season.)

Grant

JACAP will provide a grant budget for summer school 100,000 yen or below.
・rewards for giving lectures
・venue expenses
・advertisement expenses etc.
welcomes collaboration with other budget.

In terms of organizing an adopted summer school plan, JACAP office just supports some administrative work such as response to participation requests. Please do it by the applicant yourself, including negotiation or contact with a lecturer, booking a venue and accommodation for participants, and excursion if you plan to do.

Application

Please send us the follwoing information for application:

(1) Plan title
(2) Representative person with his or her name, affiliation and email address (A representative person must be a member of JACAP.)
(3) (3) Description (2000-4000 characters in Japanese, or 500-1000 words in English) Please write the schedule in the detail as possible.
(4) Tentative lecturer with his or her affiliation, specialty, JACAP member or not, his or her consent obtained or not
(5) Tentative date and place; in the case of a distant place, please write a plan regarding access to the venue and accommodation for participants.
(6) Budget; please write if you apply for the grant budget or not, and the estimated amount of it if you do.

Deadline

December 25, 2014, 17:00 (GMT+9)

Contact

E-mail all of the required information above to the JACAP office (contemporary.applied.phil[at]gmail.com) .
switch [at] to @.

Notice of results

The submitted proposals will be reviewed by the committee members and the results will be noticed by the end of January. If more than one proposal are accepted, some proposal may be going to be held after fiscal 2016.